TOP蔵紹介商品紹介製造工程お酒をおいしく頂くにはお店紹介通信販売ご意見・ご要望

●温度による変化を楽しむ
日本酒は、つめたく冷やしても、熱燗でも、と様々な温度で味わいの変化を楽しめる、世界中のアルコール飲料のなかでもめずらしい酒類です。
お燗は、日本酒の真骨頂である、まるいふくらみと旨みがあらわれてきます。ただし、あまり熱くすると、辛くなりすぎる傾向がありますので注意してください。
燗酒のめやす
人肌 35度 ぬる燗 40度
上燗 45度 あつ燗 50度
とびきり燗 55度
室温 銘柄やタイプにかかわらず、ありのままの香りや味わいが楽しめます。
冷酒 きめの細やかな味わいと心地よい香りが明確になります。また、室温にあたたまってゆく過程で、微妙な味の変化を楽しむこともできます。
●個性を楽しむ
  • 香りの高い大吟醸などのお酒は適度に冷やして飲みましょう
  • 純米酒などのコクのあるタイプはぬるめの燗でじっくり味わってはいかが!
  • 甘口のお酒や香りの高い吟醸酒、濃醇な原酒などはお酒を中心に楽しみましょう
  • 辛口のお酒や淡麗なタイプのお酒は料理をメインに食中酒として楽しみましょう
  • お酒の味もその雰囲気に左右されます、酒器やグイ呑みお猪口などの器はお好みのもので楽しみましょう
●保存・管理
焼酎やウィスキーなどの蒸留酒と違って日本酒は醸造酒という種類のお酒で、醗酵した液を搾ってそのまま飲む種類のお酒です。ですから、お酒の中には醗酵によって出来た様々な成分が溶け込んでいます。したがって、温度や光の影響で味の変化が起こりやすいという性質をもっていますので、お酒の保存には少しばかりの注意が必要です。
  • 保存は光の当たらない涼しいところ冷暗所で!
  • 栓を開けたお酒は出来るだけ早く飲みましょう
  • 容器の中の残りが半分を過ぎたお酒は小さい容器に移して空気に触れないように
  • 冷蔵庫の中で保存するともっと長持ち
  • 冷蔵庫でも扉の近くの温度変化の激しいところは避けましょう
  • 高いお酒だからといっていつまでもとっておくのは折角のお酒が泣いてしまいます

お酒は二十歳になってから。飲みすぎには注意しましょう。